債務整理したら、家のローンってどうなるの?

債務整理をすることによって、現在支払い中の家のローンがどうなるかは多くの人が気になるところです。

債務整理は借金問題を法的に解決する手段ですが、 その方法はいくつかあり、どの方法を利用するかによって家のローンの支払いがどのようになるかが異なってきます。

債務整理のもっとも初歩的な方法である任意整理の場合は、家のローンは対象外となっていますので、 基本的にはそれまでと同じように支払を続けることになります。

ただし家のローンの支払いが家計に大きな負担となっている場合は、 銀行など家のローンを契約している金融機関に対して、返済期間の延長や一時的な返済の免除を相談する必要があります。

もしこの話し合いがうまくいかなければ、個人再生や自己破産を検討せざるを得なくなるでしょう。

個人再生はマイホームを残すことのできる債務整理として有名ですが、この方法を利用すれば、 金融機関の同意を得ることなく家のローンの返済期間を延長することができ、 その他の借金を5分の1もしくは100万円に減額することができます。

もっともこの方法でも借金の返済が難しい場合は、自己破産を選択することになるでしょう。

自己破産は借金をすべて帳消しにする手続きです。

当然ながら家のローンも対象となるので、自己破産をすればローンの支払いをする必要がなくなります。

もっともマイホームやその他の財産もほとんどを失うことになりますので、あくまでも最後の手段といえます。

Copyright (C) 家のローンに関すること All Rights Reserved.