任意売却したら、家のローンはどうなっちゃうの?

競売にかけられるのに比べ市場価格に近い金額で家を売ることができる任意売却は、 家のローンが支払えなくなったときにとることができる有効な手段の一つです。

家のローンが支払えないまま放置していれば、最終的には家が競売にかけられることになりますが、 競売では安値でしか売ることができず、手元にもお金が残りません。

任意売却を選択すれば債権者との交渉次第で引っ越し費用などをねん出できる可能性もでてくるのです。

任意売却をした場合に家のローンがどうなるかについては、 売却で得た費用で家のローンを返済できるかどうかで異なってきます。

現実的には任意売却した後も家のローンが残ってしまうことのほうが圧倒的に多く、 その後もコツコツと借金を返済していかなければいけないことは覚悟しておかなければいけません。

ただし債権者との交渉次第では借金の返済を現実的な方法にすることも可能です。

金融機関などの債権者にとっては自己破産をされるよりも、少しずつでもお金を返済してくれたほうがいいのは明白です。

借金の減額や返済期間の見直しなどの面で、交渉に応じてくれる余地は残されています。

ただし個人が金融機関との交渉を行うのは知識の面で難しいことも考えられます。

したがって任意売却を検討する際には、その道の専門業者や法律の専門家などに相談してみるといいでしょう。

任意売却でも生活の再建が無理な場合も考えられますので、まずはプロに意見を求めることが重要です。

Copyright (C) 家のローンに関すること All Rights Reserved.