家のローンを払わなかったらどうなる?

クレジットカードの支払を期日に銀行に残高がなく、 クレジットカード会社から督促の電話を貰った経験のある方もいると思いますが、 この際にはすぐに入金するか、会社に振り込んでその場で終わることがほとんどです。

しかし家のローンは払わなかったらどうなるかと言いますと、こんな生易しいレベルではありません。

ほとんどの銀行は、払わなかったら、有無を言わさず、不動産の差し押さえに入ります。

つまり所有権が自分のところにあり、住んでいても所有権がお金を借りた側に存在しなくなるようにします。

具体的には、所有権を移させない処分禁止の仮処分の登記をして、裁判所に行い、当該不動産の強制競売をかけてきます。

その家に住むことは可能ですが、もし競売落札となれば、家から退去しなかれば不法占拠となり、占拠している間については賠償しなけれなりません。また競売しても、債務に届かないときは、残債務となり重くのしかかってきます。 このようにクレジットカードのように一回ぐらいうっかりで払わなかったらこんなことにならないと思うのは間違いです。

要は銀行は貸している額が大きいので事は大きくなります。

銀行ローンは、他人にいったん借りても返済期日に間に合わせすべきです。

最悪ダメなときは即日融資も検討するべきですが、 一番いいのはローンを組んでいる銀行のカードローンを契約しておくべきで、 口座に残高がないとき自動融資機能で充当してくれる優れものですので、いぜという時便利です。

Copyright (C) 家のローンに関すること All Rights Reserved.