家のローンが減免されるケースってどんな時?

家を建てるときは、金融機関で家のローンを組み、何十年に渡って毎月返済していくのが一般的です。

ローンを組む際には、収入や年齢などを考慮し、返済できる金額を月々で分割して支払っていきます。

ローンには、借入した元本に利息が付きますので、少しでも早く返済できれば、その分の利息が少なくすみ、 返済額を抑えることができます。

そのため。

ボーナス時やまとまった臨時収入があった場合などは、 家のローンに充てる人が多いのです。

誰でもローンを減らしたいと考え、こうしたこと以外に家のローンを減免する住宅ローン減税制度を利用しています。

この制度は、取得者の金利負担の軽減を図るために制定され、年末時点の住宅ローン残高か、 住宅の取得対価のどちらか少ない方の金額の1%が、所得税の額から10年間控除されます。

所得税からはみ出す控除分は、住民税からも控除してもらえます。

この制度を利用するためには、住宅ローンを借入している個人が申請しなければなりません。

この申請は、世帯単位ではありませんので、同じ世帯で複数人が住宅ローンを組んでいる場合は、それぞれで申請を行うことができます。

家のローンの減免は、新築だけではなく中古住宅も対象となっています。

また、増築や修繕、バリアフリー改修なども、工事費が100万円以上であれば、減免になります。

この減免は、金融機関で組んだローンが対象となり、親や知り合いなどの個人からの借入は控除外です。

利息が金融機関より安いからと安易に借入するのではなく、この減免額を計算した上でどちらが得かを考えてから、 決めるようにしましょう。

Copyright (C) 2015 家のローンに関すること All Rights Reserved.