離婚したら家のローンって誰が払うの?

家のローンは銀行と申込人の間で交わされた契約です。

連帯債務者や連帯保証人もその契約の中に入っています。

そのため簡単に名義を変更したり保証人から外れたりすることは認められていません。

離婚した場合も同じなのです。

離婚した場合の住宅ローンの処理の方法については4つのパターンがあります。

一番シンプルな解決法としては不動産を売却してそのお金で残っていた住宅ローンを返済、もしあまれば夫婦で財産分与するという方法です。

ただ不動産を売ったお金より住宅ローンの残りの方が高額だった場合は夫婦と銀行で話し合い、 返済し切れていない額を残したままで抵当権解除をしてもらう必要があります。

もし夫が住み続ける場合、銀行側は問題ありません。

夫婦の間では、不動産の時価からローンの残高を引いた額を財産分与の対象として考えることになります。

妻が住み続ける場合は名義を夫から妻に借り換えるというパターンと、名義は夫のままで住宅ローンも夫が支払うというパターンとなります。

いずれにせよ、二人で住むはずの場所にどちらか一方だけが住み続けるとなると維持管理は大変です。

もし住宅ローンの返済が滞ることになると最悪の場合は差し押さえられ自宅を手放さなければならない結果となる可能性もあります。

妻が名義人になる場合にはそれなりの収入がなければ銀行の審査に通りませんし、返済をし続けなければならないのです。

離婚した場合、家のローンが滞らないよう対策を考える必要があります。

Copyright (C) 2015 家のローンに関すること All Rights Reserved.