家のローン残債があっても、家は売却できる?

家のローンが残って居る時に売却しなければいけなくなってしまう場合もあり得る話です。

では、実際にローンの返済中に売却をする事と言うのは可能なのででしょうか。

基本的に、抵当権がついている場合は勝手に売却する事は出来ない様になっています。

従って家のローンを返済している途中にどうしても手放さなければいけなくなった場合は、まずはそのローンを完済する必要があります。

完済してしまえば既に抵当権はなくなっているので、自分たちの思うように処分する事が可能です。

完済する為には、まずは家のローンの残金を調べる事から始めます。

そして、その金額を見て全て払う事ができる位の蓄えがあるのであれば、それを使って完済してしまう事ができます。

またもし残金よりも蓄えの方が少なかったとしても、家を売却したお金をローン返済に充てるという方法も可能です。

ただこの場合は家のローンの残金に比べて売却価格の方がどうしても安くなってしまいがちなので、 足りない分は自分で支払って補わなければいけません。

それ程高額でなければ、この場合も蓄えから支払う事は可能です。

しかしどうしても家のローンを完済するだけの蓄えが無いという場合もあります。

その場合は任意売却という方法を選ぶ事になりますが、これを行う為には金融機関にまずは話をしなければいけません。

そして後はそれを行っている不動産会社に依頼して売却するというのが一般的な流れです。

ただ、この方法を選んでも債務は残るので、結局は家のローンは完済するまで返済し続けなければかいけません。

Copyright (C) 2015 家のローンに関すること All Rights Reserved.