家のローンが払えない場合の対処法

家のローンが払えなくなった時は、 まず第一に家のローンを契約している銀行などの金融機関に対してローンが払えない旨を伝え、 返済期間を延長して月々の返済金額を抑えたり、 一時的にローンの支払いを中断できないかを相談することが重要です。

金融機関としても、貸し出した金額が全く返ってこなくなるのは痛手となりますので、 このような相談に応じてくれる可能性は十分あります。

またお金の貸し借りは信用が最も大事なことですので、ローンが払えない状況についてきちんと相談しておいたほうが、 その後のやり取りにもいい影響を与えることが予想されます。

金融機関に家のローンが払えないことを相談しても返済期間の延長が叶わなかったり、 そもそもそのような手段ではどうしようもないところまで金銭的に追い詰められているのであれば、 債務整理を利用するという方法があります。

ただし債務整理で住宅ローンの支払いを帳消しにできるのは自己破産だけであり、 任意整理や個人再生では住宅ローンそのものがなくなるわけではありません。

自己破産をすれば家そのものを手放すことになりますので、これは最終的な手段ということになります。

マイホームを残しつつできる債務整理としては、個人再生が代表的です。

この方法を利用すれば金融機関の同意を得ることなく返済期間の延長ができ、家のローン以外の借金を大幅に減額することが可能です。

債務整理以外では家を手放すことを前提にした任意売却という方法があります。

競売にかけられるよりも高額のお金を手に入れられる可能性がありますが、家のローンが残っている場合は手続きが難しく、 専門業者に依頼したほうが無難です。

Copyright (C) 2015 家のローンに関すること All Rights Reserved.